訪問診療

在宅で療養されている患者さんの介助が一時的に困難になった場合など、
短期間に限って入院していただく レスパイト入院 にも迅速に対応可能です。

小原病院の訪問診療は、以下のサービスに対応しています。

地域に密着したサービスです
 訪問エリアは、中野区と杉並区(その他は応相談)です。
療養型入院と訪問診療の両方に対応しています
 入院から在宅へ、在宅から入院へ、どちらも柔軟に対応できますから、急性期の後など今後の療養をどうしようか迷ったときでもご相談に乗れます。
24時間対応です
 緊急時は夜間や休日でも24時間対応し、ご自宅でも安心してお過ごしいただけるようサポートいたします。
がんや看取りの患者さんにも寄り添います
 大学病院や基幹病院とも緊密に連携し、がん緩和医療や在宅看取りを積極的に行っています。

訪問診療について

 ご高齢の患者さんの場合、急性期の治療が終わった後も引き続き長期の療養が必要な場合が少なくありません。
ご自宅で療養するべきか?” それとも “引き続き療養病院に入院するべきか?”
 このどちらが最適な形であるかは、患者さんご本人にも、介助をしなければならないご家族にも判断出来ない場合も多いと思われます。
 容態の変化によっては再び急性期の病院に再入院ということもありますが、それ以上に自宅療養から療養病院への入院、逆に入院から自宅療養への変更を望まれるケースも多いのです。しかし、入院や退院の手続きがとても煩雑になってしまうため、望まない形のまま療養を続けられている場合もあります。

小原病院の訪問診療は、グリーンの範囲を受け持っています。

療養病床の小原病院を母体に持つため、自宅から入院、入院から自宅への変更をワンストップで提供出来るのが大きな特徴です。 このため、在宅で療養されている患者さんの介助が一時的に困難になった場合など、短期間に限って入院していただくレスパイト入院にも迅速に対応可能となっています。これによって、ご自宅で療養される際の介助者さんの負担・不安を大きく軽減していただくことが出来ると思われます。
 また、一部の訪問診療では敬遠される場合もある気管カニューレ、胃瘻、尿道カテーテルなどの交換にも対応致しますし、末梢点滴、高カロリー輸液、経管栄養の管理もお任せ下さい。
 さらに、小原病院でも定評のある褥瘡処置には自信を持って対応させていただいておりますし、看取りや緩和治療にも積極的に取り組んでいます。

 対応は、夜間や休日などでも安心の"24時間365日"です。在宅専任スタッフが直接対応致しますから、電話口で延々とお待ちいただくストレスがございません。
 また、"今日退院するんだけど・・・"といったケースにも迅速に対応可能です。先ずはご一報下さい。

 地域に密着したきめ細やかな対応をさせていただくため、訪問エリアは中野区、杉並区(その他は応相談)となります。詳細はお電話やメール等でご相談下さい。

担当医のご紹介

副院長/在宅診療部長服部 雅俊はっとり まさとし

副院長/地域連携部長大石 毅おおいし つよし

お問い合わせ

どうぞお気軽にお問い合わせください。

TEL/FAX (TEL) 03-6276-7333
(FAX) 03-3372-0316
E-Mail お問い合わせフォーム